乱視や老眼のレーシック手術とは?

レーシック新宿人気ランキング TOP → レーシックの基礎知識 → 乱視や老眼のレーシック手術とは?

乱視や老眼のレーシック手術とは?

レーシック手術というのは、角膜を削って正常なカーブに近づけ、視力を元に戻すという手術です。現在、広く用いられているのは、主に近視の治療に使われている方法になります。

ですが最近は、専門のクリニックの技術によって、乱視や老眼も、レーシック手術で治療ができるようになりました。老眼の場合は、角膜の一部にカーブをつけて近くを見やすくすると言った方法による治療となります。これは、非常に高度な技術を必要とする手術になりますので、なかなか現在はまだ行っているクリニックや経験を積んだクリニックというのが少ないですので、ご希望される場合は、十分な症例を持っているクリニックを選ばれることをおすすめいたします。

また、単純に近視を改善するのとは違いますので、視力が劇的に上がるというわけではありませんし、想像していた通りの効果が得られないといった場合もあります。事前に、手術によってどの程度見えるようになりたいか、よくカウンセリングを受けられて、術後のイメージが明確に湧き、納得ができてから施術を受けられるようにされると良いでしょう。

レーシック手術というのは、角膜の状態などにより、事前の検査によっては、施術が受けられない場合もありますので、検査は無料で受けられるというクリニックを選んでカウンセリングに行かれると、さらに安心です。まずは明確なプランを持って、カウンセリングから始めてみると良いでしょう。