レーシック手術を受ける最適な時期

レーシック新宿人気ランキング TOP → レーシックの基礎知識 → レーシック手術を受ける最適な時期

レーシック手術を受ける最適な時期

目というのは、常に露出している部分ですので、手術後といっても常にかくしているわけにはいきません。ですので、やはり目に刺激の少ない時期を選んで手術をされた方が、術後の経過は良くなります。

具体的に言うと、やはり花粉症の方は、花粉の飛んでいる季節は避けて手術をされた方が良いでしょう。毎年、花粉症の自覚症状が出ている方はもちろんですが、花粉症といえば春先のみと思われていて秋に症状の出る花粉症に気づかれていないという場合もありますので、涙や鼻水が出やすい時期があるという方は、花粉症の検査を事前にされてみた方が良いかもしれません。

また、黄砂が飛んでくる地域の方は、そういった時期を避けた方が良いですし、雪国などで、冬の時期はアスファルトが削れて舞っているといった場合もあります。また、近くの工場などから出る大気汚染なども考えられた方が良いでしょう。このように、お住まいの場所によって、空気がきれいな時期というのは異なりますので、手術の時期についてはよく考えてから行うようにしましょう。

日差しが強く、砂浜やアウトドアなどで出かける機会の多い夏や、旅行などでそういったところに行かれる予定があったりする時期も避けた方が良いでしょう。

また、ハウスダストなども目に入ると細菌が入って感染症などを引き起こす原因となってしまう場合があります。手術前には、いつもより念入りに掃除を行っておき、術後もホコリが貯まる前にマメに掃除をされることを心がけていかれると良いでしょう。