レーシック手術の後遺症

レーシック新宿人気ランキング TOP → レーシックの基礎知識 → レーシック手術の後遺症

レーシック手術の後遺症

レーシックというのは、身体にメスを入れる手術です。ですので、興味はあっても術後の後遺症などが不安でなかなか踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

実際に、レーシック手術が上手くいかず、常に眩しい状態で余計に見えにくくなってしまったなどという後遺症が残ってしまったという方もいらっしゃいます。ですが、そういった後遺症が残ってしまったという方は、施術した医院をよく吟味せず、低価格で安易に施術を受けてしまったということがほとんどです。

病気ではないからといって、プチ整形と同じような感覚で気軽にレーシックを受けてしまうという方もいまだ数多くいらっしゃるようですが、レーシックというのも手術ですので、病気で手術をするのと同じように、事前に納得いくまでカウンセリングを受け、信頼できる医院やドクターを選ばれるということが重要なのです。

また、ドライアイになりやすくなってしまったという方もいらっしゃいますが、そういった現象は、一時的なものでしばらく経つと収まるものもあれば、体質的に変化してしまうというものもありますので、ご自分の体質にどのような変化が起こりやすいか、事前に医師に相談されると良いでしょう。

また、現在はレーシックの手術にもいろいろな方法によるものが登場していますので、なるべく多くの方法を扱っている医院を選び、それぞれのメリットやデメリットを確認してから手術法を選択されるというのも良いでしょう。