レーシックの再手術を受ける場合には

レーシック新宿人気ランキング TOP → レーシックの基礎知識 → レーシックの再手術を受ける場合には

レーシックの再手術を受ける場合には

レーシック手術というのは、角膜を削って正常なカーブへと近づけ、視力を回復させるという方法です。あまり削りすぎると角膜が薄くなってしまうため、手術が受けられない方もいますし、手術を受けても希望していたほどには視力が回復しなかったという場合もあります。

そういったときには、無料でもう一度手術できるという制度を設けているクリニックがほとんどですので、そういった制度があるかどうか、事前に確認しておかれると良いでしょう。

ですが、当然のことながらあまり削りすぎると目に良くないですし、再手術を受けられるほど角膜の厚みが残っていないという場合もあります。ですので、現在近視が強いという方は、術後どの程度視力が回復すればよいのかという目標を設定し、カウンセリングの段階で、希望の視力が得られるのかどうかをきちんと確認しておきましょう。

現在の生活にたいへん不便を感じていて今より少しでも視力が上がればいいという方と、遠くまで見渡せるくらいに視力を上げたいという方では、同じ手術を受けられても、成功したと感じられる場合もあれば失敗したと感じられる場合もあるでしょう。

また、再手術ができるまでにはしばらく期間を開けなければいけませんので、その間に新しい視力に馴染み、不便がなくなっていくという場合もあります。レーシック手術は、受けたら終わりというわけではなく、しばらく時間をかけて馴染んでいくものと覚悟しておかれると良いかもしれません。