ドライアイの症状と予防対策

レーシック新宿人気ランキング TOP → 未分類 → ドライアイの症状と予防対策

ドライアイの症状と予防対策

ドライアイの症状と治療方法には、どんなものがあるのでしょうか。

まず、症状から見てみましょう。 ドライアイになると、目の乾き、疲労、痛み、充血、痙攣などが現れます。

症状が軽度であれば、自然に治まることもあります。しかし、重い症状が出ていれば、角膜や結膜に障害を起こすことがあります。これは、本来、目を保護している涙の量が減少することで、保護機能が軽くなることが原因なのです。

ドライアイの治療は、長期にわたって症状が続くようであれば、眼科で診察や治療を受ける方が良いでしょう。眼科の医師とよく相談して、治療方針を固めて治療を受けてください。納得いかずに治療を受けるくらいならば、自分が信頼できる病院を探した方が確実です。

ドライアイの予防には、定期的に、目の休憩、緊張の緩和のため遠くを見る、目の周囲のマッサージ、まばたきを意識的に多くする、などが良いでしょう。そして、寝不足は大敵ですので、睡眠もしっかりとるように心がけましょう。

それから、部屋の乾燥はドライアイを招きますので、部屋を適度な湿度に保つよう工夫が必要になります。コンタクトレンズも、ドライアイの原因のひとつになります。使用上の注意の厳守、必要のないときは取り外すなどの対策に気を付けましょう。

また、アイメイクの時の化粧品で、マイボーム線が塞がるとドライアイになりやすくなります。アイメイクがいけないではなく、きれいにメイクを落すことが重要なのです。

それから、基本的には栄養バランスの整った食事が、ドライアイに対しての有効な予防になります。こちらのドライアイサプリのサイトなら有効な栄養素を含むサプリメントたくさん紹介しています。参考にしてください。